お子様の防犯で、不審者による連れ去りを心配している保護者の方はとても多いと思います。通学路も必ずしも安全とは言い切れません。習い事や塾で明るいうちに帰ってこられないことも多いと思います。犯罪が起こりやすい場所にはいくつか特徴があります。見通しが悪い、人気が少ない、不特定多数の人が出入りしやすい場所等が挙げられます。通学路は安全性に基づいて決められているのだから、危険な場所はないだろうと思うのは間違いです。長期休みの間に草などが伸びて見通しが悪くなっていたり、新しいお店が出来て人の流れが変わるという街の変化は珍しいことではありません。お子様の今の通学路を保護者が確かめ、気になる場所があれば注意を促すことが大切です。保護者も通学路の安全を守る当事者となり、積極的に防犯対策に関わることが大切です。

通学時に保護者が出来る防犯対策

通学時に親が子供のためにしてあげられる防犯対策とはどんなことがあるのでしょう。登下校の時に子供を一人にしないということが最も気をつけなければいけない点です。入学後しばらくは保護者や先生が一緒に歩いたりします。しかし学校を卒業するまで毎日と言うことは不可能です。ひとりにならない方法をお子様と一緒に話し合うことが大切です。近所に同級生がいる場合は出来るだけ一緒に帰れるように、親同士が事前に話し合っておくのも一つの手段だと思います。お子様が怖いと感じた時、困ったとき、どうすればいいのか分からないとき、逃げ込める場所をしっかり教えてきましょう。こども110番の家はこどもを保護して、警察への連絡に協力してくれる家なので、親子で通学路を歩き、しっかりと教えておくことが大切です。

お子様を守るための様々な防犯グッズ

昨今、子供をターゲットにした犯罪が急増しています。連れ去りや、傷害トラブルなど、一歩家から出ると、様々な犯罪が子供たちを狙っています。そのような犯罪から子供たちを守るためにはどうしたらいいのでしょうかそんな保護者の不安を解消する様々な防犯グッズが販売されています。防犯ブザーは、自治体によっては小学校への入学時に全生徒へ無料で配布するところも増えています。小さな子供に使いやすいように簡単にブザーが操作できるようになっているので、防犯ブザーは本当に困ったときに身を守るものだということを保護者がしっかりと教えることが大切です。キッズ携帯は、子供が使う機能を絞ったもので携帯電話各社から販売しています。GPS機能を使って子供の居場所も確認することもできます。迷子の時や登下校の際もお子様の位置を確認できるのでとても便利です。様々な防犯グッズが販売されているので、お子様とよく相談して、選びましょう。