現状、お子さんが外でトラブルや犯罪に合う可能性の高い場所は、人通りの少ない道路や見通しの悪い場所、駐車場、遊び場である公園が挙げられます。その場所は、日常生活の身近にある環境と言えます。大切なお子さんを守るためには、まず、お子さんの生活環境をひも解き、通学路から外出の際、よく利用する場所等を事前にチェック、そこにはどの様な危険が潜んでいるのか調査し、明らかにする事が肝要であります。その内容をまず、お子さんに対し子供の視点で、分かりやすく説明し身を守るための具体的行動を理解させる事が身近な危険からお子さんを守る防犯行動の第一歩となります。地域や近所の誰かが気づき、お子さんを守ってくれる時代は終わり、自分の手で危険を回避し、安全と安心を手に入れる時代となっています。

お子さんの通学路の危険度を把握、効果性の高い防犯対策を実践

まず、重要なことは保護者の方が、お子さんの通学環境を正しく把握し、明らかに危険な箇所と潜在的に危険な箇所に仕分け、危険リスクを皆無または、軽減する具体的な防犯対策が必要です。通学路の危険リスクとして考えられることは、極端に人通りが少なくなる場所が存在する、死角が有り見通しが悪い、空き家等朽ち果てた建物が放置されている、スピードを出しやすい直線道路、トラブル多発の交差点が有る等、大人でも十分に注意すべき状況です。このような危険状況に対して、効果性の高い防犯対策として、危険な場所は回避することや通学時は、集団登下校で対応します。空き家等による環境劣化対応は行政を巻き込むこと、トラブル多発ゾーンに地域ボランティアを配置し見守り強化することです。そして、地域及び町内におけるあいさつ励行によるコミュニティを形成し犯罪を抑止等が求められます。

お子さんの通学や外出の際に行うべき防犯基本行動

大切なお子さんが通学や買物、友達と遊ぶために外出する際、お子さんを守るための基本的な防犯行動は、普段より家庭内で防犯の重要性についてお子さんとやり取りする事が出発点と考えます。その内容は、一人で知らない場所に出向かないや知らない人と話さない、また、いざという時は大きな声を出す及びコンビニやお店に掛け込む等お子さんと共に防犯行動の決め事を繰り返し確認し合う雰囲気を作り上げることがとても重要です。次に、お子さんに持たせる防犯機器を積極的に活用することも検討します。防犯ブザーを手の届く箇所に装着し、即、鳴らせるようトレーニングしておきます。また、お子さんの位置情報を確認できるキッズ用のスマートフォンを携帯させます。最近では、セキュリティ警備会社と有料契約し、お子さんの位置情報や緊急時の駆けつけ、帰宅連絡確認等を実施しており、安心と安全を手に入れる充実サービスを利用する方が増えてきています。