お子様を持っている親にとって通学路の安全性はとても気になります。お子様が多様化する犯罪に巻き込まれないために、通学路の安全を改めて考える必要があります。通学路の防犯性を考えるにあたり、一度お子様と一緒に実際の通学路を歩いてみることをおすすめします。一緒に歩くことで今まで気が付かなかった不安や心配事が見付かることもあります。さらにお子様自身に防犯対策を取らせることも必要ですが、通学路の安全性を高めるためには保護者はもちろん、地域の方の協力も非常に重要となります。登下校時には通学路に立って目を光らせる、子供に積極的に声掛けをする、電灯がなく暗い場所には電灯の設置を依頼するなど、地域の方も併せて一丸となって、通学路の安全性を確保することが防犯対策には非常に有効です。

お子様の通学時の安全を守る具体的な防犯対策

新聞やニュースで取り上げられることの多い不審者によって引き起こされる犯罪は、お子様が通る通学路が狙われやすくなっています。人通りが少なく死角となる場所が多い道は、お子様の連れ去られることが起こる危険が非常に高くなっています。それを防ぐための防犯対策として、できる限り友人と登下校を共にして一人で帰らないようにすること、知らない人に話しかけられても絶対に付いてかないこと、身の危険を感じた時には大声を出して、すぐさま走って逃げること、常に防犯ブザーを身に付けることです。保護者が常に付き添うことができない登下校時には、以上のことを徹底させることが重要です。緊急時やトラブルが発生した際に、適切な対処を行うことができるお子様は少ないため、何かあった時に逃げ込める安全な場所を見つけることも重要です。交番の場所や子ども110番のシールが貼られている家をお子様と一緒に確認すると良いでしょう。

簡単なことが通学時の安全を守る防犯対策となるのです

通学時の防犯対策のために難しいことをお子様に守るように話をしても、その通りに守ることができるお子様は少ないでしょう。高度な防犯対策をとるよりも、お子様が確実にすることができる防犯対策を行うことが重要です。防犯対策のために何よりも簡単なものは、学校から指定された決められた通学路は必ず守るということです。これはお子様だけでなく保護者の勝手な判断で変更することも絶対にしてはいけません。学校から指定されている通学路は、防犯対策が立てやすくなっており、万が一何らかのトラブルが発生した際にも学校や警察も迅速に行動を起こすことができます。指定されていない通学路で勝手に登下校を行うと、トラブルが発生した際に発見が遅れる恐れや、取り返しのつかない事態に発展することも想定されます。通学路の大切さをお子様にしっかりと教えることは、とても簡単ですが重要なポイントです。