通学時でも防犯意識を持つことが大切

小学生になると、親と一緒に行動することは少なくなり、一人で習い事に行ったり、お友達と遊びにいったりと子供だけで行動する機会が増えてきます。また自転車を乗り回したりすることも増え、行動範囲も広がります。最近、子供を狙った犯罪が増えてきています。狙われやすい時間帯としては、下校時間や放課後が多く、人気の少ない場所やマンションのエレベーター、自転車置き場や自宅の玄関付近などが狙われやすいと言われています。子供が犯罪に巻き込まれないためにも、子供の安全確保のための防犯対策を充分に備える必要があります。今では様々な防犯対策がなされ、防犯グッズもいろいろな種類のものが売られています。それらをうまく活用し、また、子供たち自身にも身を守る方法を一緒に考えながら、教えていくことが大切になってきます。

防犯グッズを活用して、通学時の身の安全を守る

最近では、様々な防犯グッズが売られています。お薦めの防犯グッズをメリット、デメリットを合わせて紹介します。まず、防犯ブザーです。防犯ブザーは周りに危険を知らせることができ、また、不審者を驚かせることで自分が逃げるタイミングをつくることができます。しかし、子供が遊びでブザーを鳴らしてしまうことも少なくなく、近所から苦情がくることもあるので、子供へはしっかりと説明することが大切です。また、子供向けGPSケータイもあります。防犯ブザーもついており、GPSで子供の居場所をすぐに把握することができます。しかし、学校によっては携帯電話の持ち込みを禁止しているところもあるので確認が必要です。また、サブ的なものとして、「防犯ベル携帯中」というステッカーや、LEDアームバンドなどがあります。これらをうまく活用しながら、犯罪に巻き込まれないよう対策をすることが大切です。

子供と一緒に防犯対策を考えて意識を高める

子供が出かけるとき、「気を付けていってらっしゃい」と言っても、子供は何にどう気を付けるのか把握できていないことが多いと思います。子供が防犯意識を持つためには、子供と一緒に防犯対策を考えることが大切だといえます。通学時の対策としては、安全マップの作成が効果的だと言われています。通学路を一緒に歩き、死角を把握し、助けを求める時にはどこに行ったらよいのかなどを一緒に考えることで、子供も意識しながら通学できるでしょう。また、子供との約束事を作ることも対策の一つです。知らない人に声を掛けられてもついていかない、連れていかれそうになったら、大声で助けを呼び、防犯ブザーをならすなど、子供との約束をすることです。これらのことを、子供と一緒に考えながらすることで、子供の防犯に対する意識も高まると考えられます。

子どもが「Suica」または「PASMO」でJR東日本の駅自動改札機を通過すると、保護者にメールでお知らせが届くようになっております。 通知先を1件追加する場合も安価な月額制の追加で対応が可能です。 いつも必ず使う「ICカード」で見守りができます。子どもが改札を通過する際にお知らせが届くため、タッチし忘れることもなく見守りもできます。 通学中に役立つ防犯サービスはまもレール